So-net無料ブログ作成

インフルワクチン⇒心疾患予防 [医学・医療短信]

インフルワクチンは心疾患の予防薬

 毎年インフルエンザワクチンを接種する意義は、感染予防以外にもあるようだ。

 米・マウントサイナイ病院の研究チームが、約3,000万例の入院記録を調査したところ、入院中に同ワクチンの予防接種を受けた患者は、受けなかった患者に比べて1年間の心筋梗塞(MI)の発症リスクが10%低減することが分かった。

 詳細は第68回米国心臓病学会(ACC 2019)で発表された。

 入院中に約2%がワクチンを接種

 研究チームのKhandaker氏らは、まず米国の診療データベース Nationwide Inpatient Sample(NIS)から、2014年に同国の医療機関を受診した成人約3,000万例を抽出。

 次に、同年の入院患者で入院中にインフルエンザワクチンを接種した群(全体の約2%)と接種しなかった群に分け、同年中にMIまたは不安定狭心症で再受診した症例の割合をそれぞれ分析した。

 入院期間中以外のワクチン接種例は除外した。

 MIまたは不安定狭心症の発症は非接種群の4%に対し、接種群では3%と低く、両群に有意差が認められた。

 インフルワクチンと心疾患の関連を検討した研究では最大規模  

 この結果は、当初、接種群で推計されたMIまたは不安定狭心症の発症数より5,000例少なかった。

 また、さまざまな交絡因子を補正したところ、インフルエンザワクチンの接種はMIリスクを10%低減することが示された。

 これまでにも同ワクチンの接種により心血管リスクを低減しうることが報告されており、今回の結果も一致していた。

 ただし今回の結果は、両者の関連を検討した研究としては最大規模であるという。

 Khandaker氏は、

「血圧値、血糖値、コレステロール値の管理と同じように、インフルエンザワクチン接種を心疾患の初発(一次)予防と捉えるべき」としている。

 ワクチンを接種しても感染リスクは完全に排除できないが、同氏は、

「ワクチンを接種することで重症化が抑制できるため、心疾患に対しても有用な可能性がある」という。

 米疾病対策センター(CDC)は、生後6カ月以上への毎年のインフルエンザワクチン接種を推奨しているが、実際に接種を受けているのは米国成人の10人中約4人で、 2017~18年シーズンの接種率は37%と推計されている。

 同氏は「インフルエンザワクチンの接種率を上げるには、入院中の患者への接種が有用かもしれない」としている。

nice!(0)  コメント(0) 

喫煙と黒色腫 [医学・医療短信]

喫煙で黒色腫患者の生存率が40%低下

 英・University of LeedsのJoanna Poźniak氏らは、英国の黒色腫患者703例を対象に、黒色腫に対する免疫応答の調節因子について検討。

 黒色腫=メラノーマ(ほくろのがん)

 結果、環境因子として喫煙が黒色腫患者の免疫応答を変化させ、そのために非喫煙の患者より生存率が40%低下することが示されたとCancer Res(2019年2月17日オンライン版)に発表した。

 免疫チェックポイント阻害薬の治療効果予測因子にも

 Poźniak氏らによる解析の結果、黒色腫と診断された喫煙者の10年生存率は、喫煙歴のない黒色腫患者に比べて40%低かった。

 黒色腫に対する免疫応答が強い患者156例に限定したサブグループ解析では、喫煙者の生存率は非喫煙者の4.5分の1だった。

 同氏らは、免疫応答が強い喫煙者で生存率の低下幅が大きかったことから、喫煙が黒色腫細胞に対する免疫応答に直接影響している可能性があると考えており、これらの結果は免疫チェックポイント阻害薬による治療効果の予測因子になりうるとしている。

 ただし、この研究では黒色腫患者の生存率低下と喫煙との関連は判明したものの、因果関係について確固たる結論を導くことはできなかった。

 喫煙が免疫系に有害作用を及ぼすことは他の研究でも報告されているが、有害作用の原因物質はまだ特定されていない。

 喫煙が免疫系の調和を乱す

 研究責任者である同大学のJulia Newton-Bishop氏は、

「免疫系は多数の楽器で合奏するオーケストラのようなものだ。この研究は、喫煙がオーケストラの調和を乱し、各楽器の奏者がばらばらに演奏を続ける状態をつくり出している可能性があることを示している。

 喫煙者は黒色腫に対抗する免疫応答を維持しているものの、その効果が非喫煙者に比べて低下しているため、生存率が低下していると考えられる」と説明。
 「これらの結果に基づき、黒色腫と診断された患者には禁煙を強く推奨すべきである」と述べている。

 英・Cancer Research UKの健康情報責任者であるJulie Sharp氏は、

「喫煙が黒色腫患者の生存率を低下させる可能性があることが示された以上、患者が生涯にわたり禁煙できるように、あらゆる支援を行うことが極めて重要」と述べている。

タグ:喫煙 黒色腫
nice!(0)  コメント(0) 

肺機能の低下を抑制 [医学・医療短信]

トマトまたは果物の効果

米ジョンズ・ホプキンス大の研究チームは、食事から摂取する抗酸化物質と肺機能の関係を検討。

果物とトマトの摂取が、成人、特に前喫煙者の肺機能低下を遅らせる可能性が示されたと報告しました。

ドイツ、英国、ノルウェーの3カ国680人(平均年齢43.8±6.6歳)を10年追跡し、食事から摂取した抗酸化物質によって10年後の加齢に伴う肺機能低下を抑制できるどうかを検討しました。

1日にトマトを2個以上、あるいは生の果物を3人前以上摂取した人は、トマト1個未満または果物1人前未満の人に比べて、肺機能の低下が遅れることが示されました。

特に慢性閉塞性肺疾患のような呼吸器疾患リスクが高い人には果物の摂取が推奨されるということです。

タグ:肺機能
nice!(1)  コメント(0) 

ナッツ⇒心血管疾患予防 [健康短信]

ナッツで心血管疾患予防

1日30㌘程度のナッツを食べていると、心筋梗塞の発症リスクがぐんと減ると、米ハーバード大学公衆衛生学栄養学の研究チームが報告しました。

同大が32年にわたり行ってきた看護師健康調査(対象は女性)と医療専門職追跡研究(対象は男性)という大規模疫学調査のデータを解析したもので、対象者の年齢層は40代後半~60代前半で、体格指数(BMI)は標準体形の25前後でした。

最長28年にわたる追跡期間中に合計1万41366人が心血管疾患を発症。

発症リスクとナッツ摂取との関連を調べたところ、ナッツを1サービング摂取するごとに、心筋梗塞の発症リスクが13%も減少することがわかりました。

サービング=食べ物や飲み物の平均化した単位。例、パン1枚、ナッツ28㌘は1サービング。

nice!(0)  コメント(0) 

心リハ⇒認知機能改善 [医学・医療短信]

心臓リハビリテーションで認知機能改善

高齢者の慢性心不全は認知機能の低下を伴うことが多いといわれています。

獨協医科大学心臓・血管内科・井上晃男教授は、心臓リハビリテーションが認知機能の改善に有効であることを第52回日本成人病学会で解説しました。

慢性心不全になると、身体活動が低下、フレイル(生活機能が全般に衰える)に陥ることで認知機能の低下を招きます。

そのため服薬アドヒアランス(積極的に治療を受ける)が低下し、さらに心不全を悪化させるという悪循環に陥ります。

しかし、心リハ開始3カ月で注意機能・遂行機能が改善、12カ月後には言語記憶能力も有意に改善した、と海外文献でも報告されています。

井上教授らの研究もそのことを裏づけるものです。

nice!(0)  コメント(0) 

片頭痛&ドライアイ? [医学・医療短信]

 片頭痛があるとドライアイになりやすい?

 片頭痛のある人は慢性的なドライアイである確率が高く、特に高齢の女性でその傾向が強いことが、新たな研究で明らかになった。

 この研究結果は「JAMA Ophthalmology」3月7日オンライン版に掲載された。

 この研究は、米ノースカロライナ大学チャペルヒル校のRichard Davis氏らによるもの。

 同氏らは、ノースカロライナ州の眼科クリニックで治療を受けた18歳以上の患者7万2969人を対象に、10年にわたって追跡し、片頭痛とドライアイの関連を調べた。

 対象患者のうち7.3%は片頭痛、13.2%はドライアイと診断されていた。

 結果、特定の薬剤の使用などの因子を考慮しても、片頭痛のある人では、片頭痛のない人に比べてドライアイであるリスクは20%以上高いことが分かった。

 また、片頭痛の人がドライアイであるリスクは、65歳以上では男性でほぼ2倍、女性でほぼ2.5倍になることも明らかになった。

 Davis氏らは、

「加齢に伴いドライアイのリスクは高まる上に、女性で特にその傾向が強いと考えられる」と考察している。

 また、同氏は「片頭痛の既往のある患者を治療する医師は、患者がドライアイのリスクが高いことを知っておく必要があるだろう」と述べている。

 米アリゾナ州トゥーソンでドライアイを治療するクリニックを開業している検眼医のAngela Bevels氏は、

「個人としても専門家としても、この研究結果に共感する」と話す。

 彼女自身も長年、片頭痛に悩まされていた上に未診断のドライアイでもあったが、当時はこの二つの疾患が関連するとは思いもしなかった。

 ところが、2年間かけてドライアイの治療を成功させ、同時に片頭痛も劇的に改善したことから、これらの関連性を信じるようになったという。

 この研究の背景情報によれば、米国成人の8~34%がドライアイである可能性がある。

 ドライアイになると眼の表面を覆う涙液層が障害され、眼の不快感や視覚障害をはじめ、生活の質(QOL)の低下につながりうる眼の障害が生じる。

 今回の研究では因果関係は明らかになっていないが、Davis氏らによれば、ドライアイと片頭痛の関連は以前から指摘されていたという。

 なお、米国人の14%に片頭痛があるとされる。

 では、片頭痛とドライアイを結びつける要因は何なのか?

 今回の報告によると、ドライアイと片頭痛のいずれにも、細胞レベルでの似通った「潜在的な炎症プロセス」が関与していることが分かっている。

 Davis氏らは「ドライアイの炎症性の変化が神経筋組織でも同じような事象を引き起こし、片頭痛の発症や進行をもたらす」との仮説を立てている。

 また、眼の表面が過度に乾燥すると、重要な神経経路に作用して片頭痛を誘発する可能性もあるという。

 Davis氏は、

「片頭痛とドライアイの関連がどのようなものであっても、どちらか一方の疾患があれば、もう一方も併存している可能性が高いことを念頭に治療に当たる必要がある」と結論づけている。

 一方、Bevels氏は、

「今回のような研究は、多くの人のQOLに明らかに影響するドライアイの合併症に新たな光を当てるものであり、重要だ」と話している。

nice!(0)  コメント(0) 

オーラルフレイル [健康短信]

サルコペニア⇒フレイル

多くの高齢者は、健常な状態から、筋力が衰える「サルコペニア」という状態を経て、さらに生活機能が全般に衰える「フレイル(虚弱)」に至り、要介護状態になるとされています。

食事でよく食べこぼす、固いものが噛めない、むせる、口が乾く、滑舌も悪くなった。

こうした状態が続くようであれば、それは歯や口の働きの軽微な衰えの現れ。

「オーラル(口腔)フレイル」といい、“老化のはじまりを示すサイン”といわれていますが、特徴は可逆的であることです。

健やかで自立した暮らしを長く保つためには、この段階で早く気づき、予防や改善に努力することが重要です。

nice!(0)  コメント(0) 

血糖値低下 [健康短信]

食事を朝型にすると血糖値が低下、インスリン投与量も減少する

と、米国の研究チームが報告しました。

2型糖尿病でインスリン治療をしている人たち(男性18人、女性11人)を対象に3ヵ月食事実験を行った結果です。

参加者は3ヵ月間、1日の摂取カロリーと栄養バランスが同じになるよう食事を調整し、二つの食事スタイルに振り分けました。

A群は、朝食の量を増やし、昼食は平均的、夕食は少なめにする食事療法。

B群は、1日の食事を6回に分け、摂取カロリーを均等にする食事療法。

3ヵ月後、A群は体重を平均5kg減らし、血糖値は161から107に低下しました。

タグ:血糖値
nice!(0)  コメント(0) 

朝食を! [健康短信]

朝食を!

朝食は、体と頭が活動を開始するスイッチ。

朝食を抜くと、学習や運動能力のパフォーマンスが低下し、朝食を食べる頻度が少ない人ほど肥満になりやすいという報告もあります。

食事パターンが朝型になると、食欲を抑えられ、脂肪燃焼量が増加することは、過去の研究でも確かめられています。

朝型の食事がとくに影響するのは「体内時計」です。

朝食を抜く頻度や夜食・間食の頻度が高い人ほど2型糖尿病や肥満のリスクが上昇します。

夕食をとる時刻が遅いと、体内時計に狂いが生じ夜型になり、心身の不調を引き起こしかねません。

タグ:朝食
nice!(0)  コメント(0) 

33億回! [健康小文]

心臓は一生の間にどのくらい打ち続けるでしょうか。

90歳まで生きるとして、1分間70回×60分×24時間×365日×90年=ざっと33億回!

この心臓に酸素と栄養を供給しているのが冠動脈です。

心臓を元気に長持ちさせるためにいちばんだいじなこと、それは冠動脈のスムーズな血流、それしかありません。

肥満、高血圧を抑え、動脈硬化を防ぎ、血管を若く保つこと。

毎日、適度・適切な運動を続けて血管を柔軟に保つことが、とても大切です。

心臓を守る必須の要件は、食事療法、運動療法、睡眠・休養などの生活習慣の改善。そして早めの受診です。

タグ:冠動脈
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。