So-net無料ブログ作成

よい睡眠 [医学・医療短信]

睡眠時間が6時間未満の人はメタボリックシンドロームや2型糖尿病のリスクが上昇すると、韓国ソウル大学医学部の研究チームが13万人以上の調査結果を報告しました。

メタボや糖尿病のリスクがもっとも低いのは睡眠時間が7~8時間の人で、睡眠不足を解消すると空腹時血糖値の低下、インスリン分泌能の増大などが得られ、2型糖尿病のリスクが低下することが明らかになりました。

「メタボや2糖尿病を予防・改善するために、睡眠習慣の見直しをするべきです」と、研究者は述べています。毎晩ぐっすり眠りましょう。

よい睡眠3カ条

米国睡眠学会は、睡眠時間を十分に確保し、質の良い睡眠を得るために、次のことをアドバイスしています。

1 起きた時に朝日を浴びる

太陽の光を浴びると、体内時計がリセットされ、夜の一定時刻になると自然に眠る準備がはじまり、寝つきが良くなります。

2 ウォーキングなどの運動をする

適度な運動をする習慣は、睡眠と覚醒のリズムにメリハリをつけ、良い睡眠につながります。

3 寝る前にリラックスする時間帯をつくる

睡眠に大きく関わるのが自律神経の働き。

寝る前に体がリラックスした副交感神経が優位の状態に向かう移行期をつくる工夫が必要です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。