So-net無料ブログ作成

足のタコと魚の目 [健康短信]

気になる足のタコと魚の目の原因は
 回答者 高山かおる先生(埼玉県済生会川口総合病院・皮膚科)

【Q】20代から足裏にタコと魚の目があります。硬くなると歩けないほど痛くて、月に1回削っています。原因は立ち方ですか、体質ですか。(福岡県みやこ町、女性、52歳)

【A】原因で最も多いのは、足に合わない靴を履き続けたケースです。

 タコや魚の目は、どちらも物理的な刺激が過剰に加わることでできます。

 骨の上にできるタコは丘状に盛り上がり、骨と骨の間の軟らかい部分などにできる魚の目は、皮膚の下に向かってくさび形に増殖します。

 硬くなった部分を削るのは痛みの緩和になりますが、自己流で削りすぎると皮膚を傷める可能性があります。皮膚科などで削ってもらうのをお勧めします。

 原因で最も多いのは、足に合わない靴を履き続けたケースです。

 サイズが小さいと指先が強く当たったり、幅が狭くて左右から圧迫されたりします。

 逆に大きいのもよくありません。歩く度に靴の中で足が滑り、刺激となるからです。

 歩き方や姿勢の問題もあります

 歩き方や姿勢の問題もあります。

 タコや魚の目ができる人はよく、甲が高くて土踏まずが大きくくぼんでいる「凹足(おうそく)」や、足の指が浮いて踏ん張ることができない「浮き指」などのトラブルを抱えています。

 合わない靴を履き、痛みをかばうような歩き方の癖が付くと、腰痛にもつながります。

 女性の患者が圧倒的に多いのは、ハイヒールを履いていた経験などが関係しています。

 足の形に合う靴を探すために専門家(シューフィッター)のいる店で試着し、足の長さや幅を確認してもらってください。

 フットケアサロンやスポーツジムで、インストラクターが指導をしてくれるところもあります。

 また整形外科医院によっては、足の状態を診て公的健康保険を使ってリハビリテーションをしてくれることもあるので、相談するといいでしょう。

 「毎日新聞 医療プレミア」による。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。