So-net無料ブログ作成

日本的緑内障とは [健康短信]

 日本的緑内障

 きょう6月7日は「緑内障を考える日」。

 日本人の中途失明原因の第1位は、ずっと糖尿病網膜症だったが、2004年からそれが緑内障に代わった。

 同年、厚生労働省が発表した「視覚障害の原因」は、

 緑内障25%、糖尿病網膜症20%、黄斑変性症11%、網膜変性症11%の順。

 緑内障は、眼球内の圧力(眼圧)が高くなって視神経が損傷され、視野が狭くなる病気。

 近年、眼圧は正常範囲でも視神経が侵される「正常眼圧緑内障(NTG)」が非常に多いことがわかった。

 日本では40歳以上の20人に1人が緑内障で、その70%がNTGと推定される。

「NTGは日本人に特徴的な緑内障のタイプといえる」と専門家は指摘している。

 5年、10年単位でじわじわ視野が欠けていくが、かなり進行するまで自覚症状はほとんどない。

 気づいたときは手遅れという例も少なくない。

 早期発見のためには、眼圧検査だけでなく眼底検査、視野検査が必要。

 とくに、

 ▽家族に緑内障の人がいる。

 ▽強い近視。

 ▽頭痛もち。

 ▽冷え性などの人はぜひ早めに眼科へ──。

 眼圧と緑内障

 眼圧は正常範囲内なのだが、目の神経が侵されて視野が狭くなる「正常眼圧緑内障(NTG)」は、日本人に特徴的に多い緑内障といわれる。  かなり進行するまで自覚症状がないために治療が手遅れになる例も少なくない。  しかし、早期に発見し治療を始めると、病気の進行を抑えることができる。  眼圧は正常なのに、なぜ視神経障害が起こるのか?  視神経がもともと弱く、眼圧がその眼の許容範囲を超えて高くなる(言い換えると、「正常」な眼圧が、その人にとっては「異常」に高い)ことで発症すると考えられている。  だからNTGの治療も、やはり眼圧を下げる点眼薬から始まる。  そして、視野障害の進行がみられない(薬が効いている)場合は、同じ薬による治療を続ける。  進行が認められたら点眼薬を替えたり、追加したりして薬物治療を続け、それでもなお進行していく場合は、房水の排出を促進する(ひらたく言えば眼球内の水はけをよくする)レーザー治療や外科手術を行う。  ともあれ、40過ぎたら一度は目の検診を──。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。