So-net無料ブログ作成

冬の健康管理 [ひとこと養生記]

 冬の健康管理

 冬の健康管理のポイントは、保温・保湿と栄養補給です。

 室内温度は18~20度、風邪気味のときは22度ぐらいに─。

 のどや鼻の粘膜には乾燥が大敵。湿度は60%、せきや鼻づまりのときは70%に─。

 気をつけなければいけないのは、家の中での温度差です。

 暖房のきいた部屋から寒い廊下やトイレ、浴室・脱衣所などへ出ると、不意の寒さに血圧が上昇します。

 夜間の小用のさいは、必ず寝巻きの上に重ね着を─。

 体内からの保温(体温)を保つには、食事をしっかりとり、エネルギーと栄養素を十分補給することです。
 
風邪などのウイルスとたたかう抗体はたんぱく質でつくられます。
 
卵、肉、魚、豆腐など良質のたんぱく質を日常よくとるようにすれば、自然治癒力が高まります。

 しっかり食べて、冬を乗り切りましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。