So-net無料ブログ作成

ひいふう養生噺(28)睡眠・布団・環境 [健康]

 甘く眠れ

 寒い冬の夜は、あったかい布団がことさらうれしいものです。

 眠るときの最も楽な姿勢は、

「背骨が、直立したときの曲がり具合に近い状態が最適」と、人間工学の専門家。

 仰向けに寝た姿勢で体の各部にかかる体重は、頭部8%、胸部33%、でん部44%、足部15%。

「最も重力がかかる胸部とでん部がW字形に落ち込む寝具は、姿勢を崩して安眠を妨げる。寝て気持ちがいいと感じるのは、背骨が伸びて曲がりは2~3㌢のとき」だそうです。

 大方の人は、それに合致した寝具選びをしているということでしょう。

 寝具メーカーも、

「日本人は外国人と違って硬めのベッドを好みます。敷布団も、体が沈み込むようなふかふかしたものより、硬めのものが受けています」と話しています。

 掛け布団は保温と透湿性に優れて、ふんわり軽いものを─。

 重い布団をかけて寝ていると、血圧が高くなりやすいことが実験的に証明されています。

 ともあれ、ストレス社会の最高の休息は快い睡眠。

「つらく働き、甘く眠れ」は、ドイツのことわざです。


 快眠環境

 寒い夜に暖かく眠るコツは、「就寝1時間前に、38~40度のぬるい湯に20分入るのがベスト」と、睡眠指導の専門医が勧めています。

 環境省が推奨する冬の室温は20度ですが、布団の中は体温で33度くらいまで上がるので、寝室の温度は15~18度が最適。

 エアコンをつけると湿度が下がって乾燥し、のどの粘膜が乾き、風邪をひきやすくなったりします。

 加湿器を使って50%前後に─。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。