So-net無料ブログ作成

如月・厄月・春待月 [日記・雑感]

 2月を古語で「如月(きさらぎ)」というのは、「生更義(きさらぎ)=草木の更生すること」の意。「衣更着(きさらぎ)=着物をさらに重ね着る」の意とするのは誤り─と、『広辞苑』はいっています。

 旧暦の2月は春だったのです

 願はくは花の下にて春死なむ 

 そのきさらぎの望月のころ  西行法師

 現代の2月は寒さの真っ盛り。

 心臓病・脳卒中が多発する「厄月」です。

 暖房のきいた室内から冷たい吹きさらしの戸外へ不用意に出るのは、非常に危険!

 国語的には誤りでも、健康心得としては、衣更着=適切な重ね着をお忘れなく─。

 しかし─、

 冬来たりなば 春遠からじ。

 あとひと月。寒い! 寒い! といっているうちに暖かくなります。

 我慢、我慢。油断せず!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。