So-net無料ブログ作成

ひいふう養生噺(17)寒中・風呂 [健康]

 寒中ご用心!

 日増しに寒さがつのります。血圧が高い人は、よくよく気をつけましょう。

 雪の日や寒風の吹く日は、てきめんに血圧が上がります。不急不要の外出は避けましょう。寒風に吹きさらされながらのジョギングなどは、やめてください。

 暖かい部屋や車の中から外へ出るときは、こまめにマフラー、コート、マスクなどをつけ、反対に暖かい所に入ったら、必ずコートを脱いで、温度調節をはかるなど、細心の配慮を─。

 風呂にもご用心! 冷えた体でいきなり熱い湯に飛び込むと、血圧がぶれます。ぬるめの湯にゆっくり入りましょう。


 お風呂ご用心!

 冬のお風呂は、夏よりも10倍以上、心臓発作を招きやすいことが、日本心臓財団と大阪府消防本部の調査でわかりました。

 入浴による急激な体温の変化が、急激な血圧低下を招いて、心停止のリスクが増加するのです。

 浴室や脱衣所をあらかじめ温めておき、冷えた体でいきなり熱いお湯につからないようよくよく気をつけましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。