So-net無料ブログ作成
日記・雑感 ブログトップ
前の10件 | -

泣くか、跳ぶか。 [日記・雑感]

「会社をやめたい。やめることができたらどんなにサッパリするだろう」

 年少の友人が言った。苦悩が顔に滲み出ていた。

「しかし、いま、やめるわけにはいかない。こんな時勢だし、家庭の事情もある」

 なぜ、やめたいのか。

 要するに社内で不遇な立場に置かれているということらしい。

 春の異動で自分の望まぬ部署に回された。

 仕事が面白くない。

 上司ともうまくいってない。

「ストレスがたまるばかりだ」という。

 このような話は、病気についての訴えに似て、他者には当人の苦悩が的確に伝わりにくい。

 当人の置かれたさまざまに微妙で、複雑で、深刻な状況は所詮、当人にしかわからないものだからだ。

 それに、言葉は必ずしも事実の正確なトレース(引き写し)ではない。

 事実は部分的にトリミング(切り取り)され、ときにはリフォーム(作り変え)されている。

 話し手によって大なり小なりデフォルメ(変形)された事実を、聞き手の理解や想像がさらに変形してしまうこともある。

 だから、どう思うかと問われても困る。

 当人が無数の細かな考慮を重ねた上で到達した結論に、憶測まじりの傍観者の意見を加えることにどれほどの意味があるだろうか。

「つまり、君は、跳ぶことよりも泣くことを選んだわけだろう。それもまた勇気ある選択だと思う」

 とだけ私は答えた。

 共通の故郷(鹿児島)をもつ友人には、それで通じた。

 昔、たがいに村の悪ガキだったころ、土堤や石垣などの上で立ちすくむ子がいると、仲間たちは声を揃えて囃したてたものだった。

「泣こかい、跳ぼかい、泣こよっか、ひっ跳べ!(泣こうか、跳ぼうか。泣くくらいなら思い切って跳んでしまえ!)」

 泣くなかれ。跳ぶべし。

 これが薩摩の男の子の〃法律〃だった。 

 そして、それが薩摩の男たちの精神形成の核になった―というのが言い過ぎなら、情念の美学のようなものを育てた。

 実際、私自身、長じて何かの決断を迫られたとき、この囃し文句が頭の中で鳴りひびく気がしたことが、何度かあった。

 すなわち何度か軽率に跳んだ。

 そう、それはほとんど常に軽率な跳躍だった。

 軽挙妄動の類いだった。

 考えてみると、跳ぶことよりも泣くことのほうが、本当はずっと難しい。

 何もかも放棄して跳んでしまいたくなったとき、粘り強く耐えて事態を打開し、解決する努力をするのは、決してめめしく泣くのと同じではない。

 大の男がじっと耐えてこらえて泣いているように見えるのは、はた目にはあまりカッコいいものではないかもしれない。

 しかし、それこそ真に男らしい勇気に支えられた行為、性根のすわった生き方ではないだろうか。

 跳ぶのはいつでも跳べる。跳ぶ前に、とりあえず、泣いてみてはどうか。

 むろん、それは是非とも「顔で笑って、心で泣いて」でなければならないだろうが、そうすれば新しい明るい展望が開けることがあるのではないだろうか。

 もっとも、言わずもがなのつけたしだが、いついかなる場合も必死に木の枝にしがみついて離さない、高所恐怖症のサルみたいであるのは、いただけない。

 決然と跳ばねばならぬときもあるだろう。

 その決断のとき、出処進退を誤らぬのが、人のなかで生きていく心得ではあるだろう。

 おとなの長泣きは、みっともない。

 第一、はた迷惑だ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

新年の歌 [日記・雑感]

♪ 年の始めのためしとて
終なき世のめでたさを
松竹たてて門ごとに
祝う今日こそ楽しけれ。
昔、尋常小学校(後に国民学校)の児童だったときの元日の朝は、一張羅の服を着て登校し、モーニングコート白手袋の校長先生がおごそかに読む「教育勅語」を、頭を垂れて聞き、この「一月一日」の歌を斉唱した。
昔も今も、正月は全国的におめでたい日だから、一茶は「元日や上々吉の浅黄空」と詠み、
啄木は
何となく
今年はよい事あるごとし
元日の朝晴れて風無し
と歌った。
新年来り
門松は白く光れり。
道路みな霜に凍りて
冬の凛烈(りんれつ)たる寒気の中
地球はその週暦を新たにするか。
─は萩原朔太郎だ。(詩集『氷島』所収「新年」の冒頭の一節)
そして『万葉集』全20巻4516首の最終の一首。
新(あらた)しき年の始の初春の 今日降る雪のいや重(し)け吉事(よごと)
─新春の雪が降り積もるようにめでたいこともいよいよ積み重なれよ。
作者の大伴家持は、このとき因幡の国守だった。


nice!(0)  コメント(0) 

感謝と追慕 [日記・雑感]

ただになつかし今日は母の日


5月の第2日曜日は「母の日」。

人はいくつになっても親の子ども…。

母への感謝と追慕を届ける日です。

花屋さんの店先にカーネーションがあふれています。

心のなかの母をなつかしむ白いカーネーション…。

健在の母へ、赤いカーネーションをあげる幸せ…。


母の日や老いても母の恋しくて  大平保子


八十五の翁となれど母おもへば ただになつかし今日は母の日  窪田空穂

5月5日! [日記・雑感]


五月五日わが青き空青き山   中塚太々夫


笈(おい)も太刀も五月にかざれ紙幟(かみのぼり)   松尾芭蕉


矢車に朝風強き幟かな   内藤鳴雪


ふつつかな魚のまちがひそらを泳ぎ   渡辺白泉


さうぶ湯やさうぶ寄(より)くる乳(ち)のあたり   加舎白雄   さうぶ=菖蒲。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

空青し海青し [日記・雑感]

夢をうむ五月



あらたふと青葉若葉の日の光    松尾芭蕉



目には青葉 山時鳥(ほとどきす) 初鰹     山口素堂



万緑(ばんりょく)の中や吾子(あこ)の歯生えそむる    中村草田男



紙飛行機宙返りして五月かな     吉岡桂六



空青し山青し海青し

日はかがやかに

南国の五月晴れこそゆたかなれ

佐藤春夫「望郷五月歌」



粉(こ)をふいたやうな みづみづとしたみどりの葉つぱ、

あをぎりであり、かへでであり、さくらであり、

やなぎであり、すぎであり、いてふである。

大手拓次「夢をうむ五月」

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夫婦アンケート [日記・雑感]

男性は「愛情」、女性は「アクセサリー」

4月22日は「よい夫婦の日」、4(よ)い22(ふーふ)の語呂合わせです。

よい夫婦の日実行委員会が行った、「よい夫婦アンケート」の上位は、

①互いによりどころとなる存在。

②お互い尊敬し合える。

③干渉しすぎない。

④家事・育児など協力し合う。

結婚してよかったと思うのは?

①一緒にいてほっとするとき。

②つらいときなどに支えてくれるとき。

③夫婦で外出するとき。

④相手の笑顔をいつでも見ることができるとき。

「相手から欲しいプレゼントは?」に対する答えの第1位は、男性では「愛情」。

女性では「アクセサリー」(愛情は2位)。

へえ、ふーん、なぁるほど…。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

清浄明潔 [日記・雑感]

4日は二十四節気の「清明」。

「万物発して清浄明潔なれば…」と江戸の暦便覧に─。

晴れた空の下に桜の花が咲きほこっています。

でも、この季節は天気が変わりやすく、「春に三日の晴れなし」「花曇り」「花冷え」「花に嵐」など花見気分を逆なでする言葉がずらり…。

昼間暖かくても夜は冷え込みます。

戸外に長時間座ったままでいると体の芯まで冷えてしまいます。

お花見へはしっかり防寒対策してお出かけを─。

花冷えのマスクをかけて眉の濃き   久保田万太郎
  

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

桜、咲く [日記・雑感]

けふまでの日はけふ捨てて初桜   加賀千代女


世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし   在原業平


敷島の大和心を人問はば朝日ににほふ山ざくら花   本居宣長


あおによし寧楽(なら)の京師(みやこ)は咲く花の薫ふがごとく今盛りなり   小野老


母恋しかかる夕べのふるさとの桜咲くらむ山の姿よ   若山牧水


死に支度致せ致せと桜かな   小林一茶


散る桜 残る桜も 散る桜   良寛(辞世の句)


さまざまのこと思ひ出す桜かな   松尾芭蕉


おもひだすさくらとなれば母校かな   神崎忠


三つ食へば葉三片や桜餅   高浜虚子


つまるところ酒屋のための桜咲く   武玉川
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

春は来にけり [日記・雑感]


石(いわ)ばしる垂水(たるみ)の上のさ蕨(わらび)の萌え出づる春になりにけるかも       志貴皇子


み吉野は山もかすみて白雪のふりにし里に春は来にけり    藤原良経


四月は、また帰って来た、私たちと遊ぶため

四月は、肩に花籠を載せて来る

グールモン(堀口大学訳)


入学のどれも良き名のよき返事  松倉ゆずる
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

如月の句歌 [日記・雑感]

如月の句歌

如月(きさらぎ)は陰暦2月の異称。

俳句では春の季語ですが、現在の暦では2月はもっとも寒い月です。


如月や ふりつむ雪をまのあたり   久保田万太郎



最上川 雪を浮かべるきびしさを 来りて見たり きさらぎなれば   斎藤茂吉 


みちのくの性根を据えし寒さかな   上田五千石


寒月や さて行く末の丁と半   小沢昭一
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - 日記・雑感 ブログトップ