So-net無料ブログ作成

がんの種類別生存率、日本は? [健康]

 全世界におけるがん患者の生存率の年次推移を観察する、最大規模の国際共同科学計画「CONCORD」には、71カ国300以上の施設から約600人の研究者が参画している。

 先ごろ、2000~14年に診断された3,750万症例の生存率に関する調査結果=最新版「CONCORD-3」が、発表された。=医学誌『ランセット』(2018年1月30日オンライン版)。

 2008年に初めて報告されたCONCORD研究では、日本を含む31カ国における乳房、大腸、前立腺の3種のがん190万症例の5年生存率が比較され、がん生存率の国際的な差異が明らかとなった。

 2014年には「CONCORD-2」として、前記の3種のがんに胃、肝、肺、子宮頸部、卵巣、白血病を加えた、67カ国2,570万症例の5年生存率の年次推移が示された。

 今回のCONCORD-3では、最新5年分のがん生存率 (2010~14年)のデータが追加された。
調査の対象となるがん種も拡大、18部位または部位群となっている。

 具体的には、成人の食道、胃、大腸、肝、膵、肺、女性乳房、子宮頸部、卵巣、前立腺、悪性黒色腫、成人および小児それぞれの脳腫瘍、白血病、リンパ腫である。

 それによると、大部分のがん種において5年生存率が最も高かった地域は、米国、カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、フィンランド、アイルランド、ノルウェー、スウェーデンであった。

 多くのがん種において生存率は改善傾向にあり、この傾向は予後不良とされているがん種でも認められた。

 日本からは2000~14年に診断されたがん患者として、209万6,697例が登録された。

 日本のがん5年生存率が他国・地域に比べて特に高かったのは、胃がん(60.3%)、食道がん(36.0%)、肺がん(32.9%)であった。

 これらのがんでは韓国でも生存率が高く、胃がんは日本を上回る68.9%、食道がんは31.3%だった。

 一方、日本の5年生存率で世界平均に比べて低かったのは、ほくろののがん=悪性黒色腫(69.0%)、血液がん(骨髄性腫瘍は33.3%、リンパ性腫瘍は57.3%)だった。 

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

花粉警報発令=全国的予想 [健康]

 花粉症の季節が目の前に迫っている。

 NPO花粉情報協会理事で気象予報士の村山貢司氏は、旧冬12月21日、東京都で開かれた同協会主催のセミナーで、2018春のスギ・ヒノキ花粉飛散量についての予測結果を公表した。

 北陸を除く全国の観測地点において、過去10年の平均より飛散量が増加し、東北南部から関東、東海地方ではかなり多くなる見込みであるという。

 その年の花粉飛散量はさまざまな気象条件に影響を受けるが、なかでも前年7月中旬~8月中旬の日照時間は大きな要因であり、その時間が長いほど飛散量は多くなる傾向にある。

 また、前年の飛散量が少ないと翌年は多くなる可能性が高い。

 村山氏は全国における昨年7月の日照時間について、瀬戸内地域を除いて大半の地域で平年より長く、東北地方や東海地方では多くの地域で平年比120%を超えていたと報告し、各観測地点における今年の飛散量を予測した。

 北海道地方では、東北地方からの花粉の移流がある函館市においては飛散量が約750個で、10年平均(約600個)を上回る。

 東北地方は全体的にスギ雄花数が過去10年平均より多く、飛散量は大船渡市(岩手県)では約1万6,000個、いわき市(福島県)では約1万8,000個となり、ともに10年平均を大きく上回る。

 関東地方では神奈川県のスギ雄花数が突出して多く、約1万4,000個と、6,000~7,000個程度だった一昨年および10年平均の2倍以上となり、東京都も約7,500個と一昨年および10年平均を上回った。

 それに伴い、飛散量も東京都千代田区、横浜市、小田原市(神奈川県)で昨年、10年平均より多い見込みである。

 北関東の各観測地点では、昨年の飛散量が少なかったために軒並み約1万4,000個を超え、10年平均よりおおむね1.5倍になるとみられる。

 北陸地方の雄花数は、富山、石川両県で一昨年および10年平均を大きく下回ったため、飛散量も10年平均程度にとどまるとされた。

 東海地方の静岡、愛知両県の雄花数は10年平均程度であったが、同地方はヒノキ花粉が比較的多く飛散することが考慮され、飛散量は多数の観測地点で10年平均をやや上回ると予測。

 昨年に比べると名古屋市では約5倍、大垣市(岐阜県)は約3倍の飛散が見込まれる。

 近畿地方では報告された全ての県で雄花数が10年平均を上回ったことにかんがみ、飛散量はほぼ全ての観測地点で昨年および10年平均より多くなる。

 四国・中国地方の雄花数では、香川県、愛媛県で一昨年および10年平均をやや下回ったが、両県はもともと雄花数が比較的多い地域であるため、一定数の飛散量が見込まれる。

 松江市、山口市における昨年の飛散量は10年平均のそれぞれ約半分、4分の1であったことから、今年はそれぞれ2,500個超、4,500個超と大幅に飛散量が増加する見込みである。

 一方、高松市は昨年、10年平均のおよそ2倍となる約5,500個が実測されたため、今年はその3分の2程度で10年平均並と予測された。その他の地点は昨年を上回る見込みである。

 九州地方の福岡県と大分県における雄花数は一昨年と大差がなく、飛散量は福岡市、長崎市、由布市(大分県)が昨年よりやや下回る見込み。

 3市とも昨年の飛散量が10年平均より上回った影響を受けたという。

 それ以外の観測地点では昨年を上回る飛散量となる見込みで、宮崎市では昨年の飛散量が10年平均のおよそ半分であったため、その倍の約5,500個が予測された。

 花粉の飛散開始時期については、スギ雄花が休眠状態に入る11~12月と、休眠から覚醒し開花準備に入る1~2月の気温が大きく影響する。

 同氏は、昨年11月~今年1月の平均気温の計測値および予測値を勘案し、今年のスギ花粉の飛散開始は「全国的に例年並みかやや早いだろう」と述べた。

 具体的には、九州北中部、山口県、四国西部と伊豆半島や静岡県の一部で2月上旬から、関東地方の多くでは2月中旬から、東京都では2月10日過ぎあたりから飛散が始まるなどと予測される。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

肺と肺炎 [健康]

 風邪・インフルエンザの本格的流行が始まっている。

  いちばん心配なのは肺炎を併発することだ。

「肺炎は老人に安らかな死をもたらす最後の友だ」と言ったのは、近代内科学の父、ウイリアム・オスラーだが、ま、いずれはそれを望むとしても、なるべくならずーっと先延ばしにしたいものだ。

 肺の最も大切な役目は、空気の中の酸素を血液中に取り入れ、血液中の炭酸ガスを吐き出すことだが、吸い込む空気の中には病原菌がいっぱい混じっている。

 そこへもってきて肺には、全身から心臓に戻った、汚れた(栄養豊富な)血液が、そのまま入ってくる。病原菌の繁殖にはもってこいの環境だ。

 繁殖し始めた病原菌を追い出そうと、白血球など体の防衛軍が集まってきて、戦争(炎症)が起こるのが、肺炎だ。

 エックス線写真にはそこは真っ白に映る。
 
 が、ごく初期の肺炎はエックス線にはまだ影が出ない。

 聴診器のほうがよくわかると練達の内科医は言う。

 「慣れた医者は、聴診器で肺の中の小さな特異な雑音をキャッチし、素早く病変を見つけます」

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

花粉症と目 [健康]

花粉症と目

花粉症ではくしゃみなどの鼻の症状だけでなく、目の症状もつらい。

花粉症をもつソフトコンタクトレンズユーザーの95%が、「目のかゆみ」に悩まされると、チバビジョンのインターネット調査で答えている。

ついで、「ゴロゴロ」「充血」「目やに」「涙」の順。

コンタクトレンズを装用していると、涙の循環が悪くなる。

ほこりや花粉、アイメークの化粧品のよごれなどが付着しやすい。

花粉症のシーズンは、1日使い捨てタイプに切り替えたほうがよい。

「しかし、いきなり朝から夜までの長時間装用はお勧めできない。

1日の装用時間を少しずつ伸ばしながら3日程度かけて切り替えたほうがよい。

レンズは非イオン性のものを─。

汚れのつきやすさがイオン性の300分の1です」

と、眼科医の佐野研二先生がアドバイスしている。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

自分は若い=長生き [健康]

自分は若い=長生き

自分は実年齢より若いと思っている高齢者は、そうでない人に比べて死亡率が低いと、英ロンドン大学の研究チームが医学誌に発表しました。

平均年齢66歳の男女6500人を8~13年間、追跡調査した結果、自己評価年齢が実年齢より3歳以上若いグループの死亡率が最も低く、実年齢より年上だと感じるグループの死亡率が最も高かった。

死因別では、心血管系の病気による死亡との関連がみられたということです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ひとこと養生記 高齢うつの特徴 [健康]

 老年精神医学の専門医で、長年、認知症とうつ病の臨床と研究に取り組んできた、中村祐・香川大学医学部教授の話をプレスセミナーで聞きました。

 うつ病の大きな症状は、「憂うつ感」と「興味・関心の低下」。

「憂うつだ」「何の希望もない」「落ち込んでいる」といった感情がベースになって、今まで好きだったことにも打ち込めなくなります。

 新聞を読んだり、テレビを見たりする気が薄れてきます。仕事への意欲が低下します。何をするにもおっくうになります。

 ところが、高齢者うつ病では、そうした意欲の低下や気分の落ち込みなどの症状はそれほど強くなく、不安や焦燥感が表に出やすいのが特徴です。

 不眠、疲れやすさ、めまい、頭重感、頭痛、肩こり、食欲不振、便秘、下痢、腹痛、胸痛といったさまざまな身体症状が現れます。体と心の両方へ目を向ける必要があるのです。

 半面、抑うつ状態、倦怠(けんたい)感、気分の落ち込みなどは、がん患者の訴えと共通することがとても多い。

 うつ病を疑う前に体の病気はないか、十分な検査が必要─と、教授は強調しました。

ひとこと養生記 高齢うつ病 [健康]

 万物よみがえり、生気みちる季節ですが、心うつうつとふさぎがちな人が増えるころでもあります。

「木の芽時 ──略──長い冬からの解放感で、精一杯活動したいと心身ともに張り切る時分。陽気不順なので、身体に不調をきたしやすい時分でもある」と、「新明解国語辞典」も言っています。

 うつ病が社会問題視されるようになって久しいのですが、近年、急激な高齢化が進むなかでとくに高齢者のうつ病への関心が高まっています。

 いよいよ高齢者の仲間入りを始めた団塊の世代は、「ストレスに弱い」ので、うつ病にもなりやすいらしいのです。

 中村祐・香川大学医学部教授(精神神経医学)によると、高齢者のうつ病には、身体的機能の低下に加え、経済的不安、定年退職による社会的役割の縮小、近親者や同年代者との死別に伴う喪失感などさまざまな理由が絡んでいます。

 一方、高齢者のうつ病は、認知症に似た症状を示すために混同されやすい。

 しかしうつ病と認知症は、治療法が根本的に異なり、また二つが合併して発症することもあります。鑑別診断が重要です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ひとこと養生記 ほどほど運動! [健康]

 連日、絶好の運動日和…。生活習慣病は、防ぐも治すもまず運動、いちばんのお勧めは歩くことです。

 腰やひざに障害があり、長時間歩くのが困難な人でも、できる範囲でよいのです。

「運動はどんなやり方でも効果を得られます。

 まずは立ち上がって、歩き始める。

 昨日できなかったことを、今日できるようになれば、やがては成果を得られます」

 と、アメリカの専門家もいっています─。
タグ:生活習慣病

ひとこと養生記 水虫出ルゾ! [健康]

 水虫の季節が始まります。

 5月の第3週に入ると、皮膚科を訪ねる水虫の人がふえ始めて、8月前半まで上昇し続け、お盆を過ぎると急にへるそうです。

 いまの水虫の薬は、塗れば必ず治ります。

 でも、かゆみがなくなったからと、途中で塗るのをやめると、来年また再発します。1日1回、4週間、きちんと塗り続けましょう。

 また、水虫ではない湿疹などを水虫と思い込み、水虫の薬を塗っても治らないし、薬にかぶれることもあります。

 水虫の薬をつけても、水虫が治らなかったら「ニセ水虫」です。

 皮膚科で診てもらいましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

健康雑談 UV防止3S [健康]

「UVしてますか?」とテレビで女性医師が言っていた。

 UVはウルトラバイオレットの略。

 優雅な感じの言葉だが、流行色の名称でも、怪獣映画のヒロインの名でもない。

 正しくはウルトラバイオレット・レイズ。紫外線のことだ。

 優雅どころか、人間の体にはかなり有害な代物だ。

 紫外線を浴び過ぎると日焼けし、しみやしわができ、皮膚の老化が進む。

 皮膚がんの原因にもなる。

 目のレンズの水晶体が白濁する白内障も、物がゆがんで見える加齢黄斑変性も、紫外線の長期的な影響が大きいと考えられている。

 体の免疫反応が抑えられ、免疫力が低下することもわかっている。

 世界で最も皮膚がんの発症率が高いオーストラリアでは、UV防止の3S─スラップ(帽子をかぶれ)、スリップ(長袖を着よ)、スロップ(サンスクリーン剤を塗れ)──を子どものうちから徹底的に教え込むのだそうだ。

「UVしよう」もそれと同じ注意だろう。

 これからの季節、UV量が最も多くなる昼過ぎの2~3時間は、心してその注意を守るようにしたい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康