So-net無料ブログ作成
検索選択

九月の風 [日記・雑感]

九月の風


 谷川の岸に小さな学校がありました。

 …………

 さはやかな九月一日の朝でした。青ぞらや風がどうと鳴り日光は運動場いっぱいでした。

 …………

 しんとした教室のなかに……をかしな赤い髪の子供がひとり、座ってゐたのです。
      
     宮沢賢治「風の又三郎」



風がすぎていったら

しづかに耳をすますがよい

野山が笛を吹いてゐる

       竹中郁「風」



秋来(き)ぬと目にはさやかに見えねども風の音にぞおどろかれぬる   藤原敏行



吹くからに秋の草木のしをるれば むべ山風をあらしといふらむ   文屋康秀



物いへば唇寒し秋の風     松尾芭蕉



涼しさや鐘を離るる鐘の音   与謝蕪村



淋しさに飯を食ふなり秋の風   小林一茶



くろがねの秋の風鈴鳴りにけり  飯田蛇笏
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

夏ばて特効食品 [ひとこと養生記]

夏ばて特効食品

夏ばては栄養不足からも起こります。

ビタミンB群は、気温が高いと体内での消費が増えるので、ほかの季節の3~4倍も多く必要です。

B群(特にB1)が不足すると、疲労けん怠感など軽い脚気症状が現れます。

ビタミンB群は、豆類、緑黄色野菜肉類(特に豚肉、レバー)、牛乳などに多く含まれています。

“ニラレバいため”は夏ばて解消の特効料理といえます。

8月31日は「野菜の日」。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ご存じですか? [ひとこと養生記]

ご存じですか?

加齢黄斑変性(加齢黄斑変性症)。

これ、どんな病気かご存じですか。

目のフィルムの役目をする網膜の中心部の「黄斑」に異常が生じる病気です。

ある製薬会社の調査では、「目の病気」と答えた人は20%だけだったそうです。

片目をつぶると、

「物がゆがんで見える」

「見たい部分が黒く見える」

「左右の目の見え方がちがう」

というようなときは眼科で詳しい検査を受けてください。

直射日光を浴びるのと、タバコがいちばんよくないといわれています。

タバコ、やめましょう!

サングラスをどうぞ!
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

男の季節病 [ひとこと養生記]

男の季節病

国内患者100万人、潜在患者1000万人、その95%は男性。

夏は痛風発作が起こりやすい季節です。

汗をたくさんかき、尿の量がへり、血液中の尿酸がふえるからです。

痛風発作を防ぐには、水分を多くとって、尿の量をふやすこと。

ただし、ビールの飲みすぎは逆効果です。

軽い運動は尿酸値を下げますが、激しい運動は逆に上げます。大汗かく運動は禁物。

痛風薬心得

痛風発作(足の親指の激痛など)は、血中尿酸値が上がるために起こります。

しかし、発作の最中に尿酸値を下げる薬を飲み始めると、かえって発作が長引きます。(ただ、それまで飲んでいた場合はそのまま飲みつづけます)。

発作中の治療は炎症を抑えることに集中します。

痛風発作の治療と、高尿酸血症の治療をごっちゃにしてはいけません。
タグ:痛風 痛風薬
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

ヨーグルトの勲章 [ひとこと養生記]

ヨーグルトの勲章

ヨーグルトなどの「プロバイオティクス」食品は、高血圧の改善や予防に効果的で、心臓病や脳卒中のリスクが軽減すると、米国心臓病学会発行の医学誌『ハイパーテンション』に発表されました。

プロバイオティクスとは、腸内細菌叢(そう)のバランスをよくする生きた微生物のこと。ビフィズス菌などの乳酸菌が代表的で、ヨーグルトや乳酸菌飲料に多く含まれています。

ヨーグルトの勲章が、また一つふえたようです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

老化の元凶=AGE [ひとこと養生記]

老化の原因物質

食事でとり入れた糖分のうち、エネルギーとして使い切れなかった糖が、体内のたんぱく質と結びついた(たんぱく質が「糖化」した)ものを、AGE(終末糖化産物)といいます。

老化の原因物質とされています。

血管にAGEがたまると、動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高くなります。

AGEが骨に蓄積すると骨粗鬆症、目に蓄積すると白内障の一因となります。

アルツハイマー病などとの関連も指摘されています。

糖化を防ぐには炭水化物のとりすぎを避けることはもちろん、血糖値を急激に上げない食事の仕方(食べる順番)も重要です。

食後30分~1時間の血糖値が高くなったとき、AGEが最もできやすいからです。

血糖値を上げやすいご飯やうどん、パンなどの炭水化物の前に、野菜や海藻類、きのこ類を先に食べると、食後血糖値の急激な上昇を抑えることができます。

野菜には高い抗糖化作用があることもわかっています。

早食いも食後の血糖値を上昇させやすいので要注意です。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

「朝ドラ立見」の効果 [ひとこと養生記]

「朝ドラ立見」のすすめ

「1週間に5日、1日3時間立ったまま過ごすと、約75O㌔㌍が余分に消費される」

という研究を、英チェスター大学のバックリー教授(運動科学)が発表しました。

1年間では約3万㌔㌍を多く燃焼し、約4㌔㌘の体重をへらすことができ、1日9時間座ったまま過ごした場合に比べ、糖尿病のリスクが12%、心臓病のリスクが47%、低下する──ということです。

まずは朝ドラを立ったまま見ることにしませんか?

「立ったまま」の効果

立った姿勢では体重は筋肉に分散しますが、座ると背骨の自然なカーブが歪み、背中の筋肉に負担がかかり、肩こり、背中の痛み、座骨神経痛などが起こりやすくなります。

「英国の労働者の8割は体に慢性的な痛みを感じている。デスクワークの時間が長く、体に無理な負担がかかっているのが要因です」とバックリー教授は説明しています。

立位時間をふやすと、肩こりや背中の痛みの対策にもなるわけです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

サルコペニア肥満 [ひとこと養生記]

サルコペニア肥満

加齢とともに筋肉がへり、機能が低下した状態を、サルコペニア(加齢性筋肉減少症)といいます。

それと肥満が重なった「サルコペニア肥満」は、通常の肥満より怖い。

筋肉減少は転倒骨折のリスクを大きくし、脂肪の増加は糖尿病や高血圧、脂質異常症を悪化させる原因になるからです。

サルコペニア肥満を防ぐ必須条件は、よい食事と適切な運動。

良質のたんぱく質(卵、牛乳、肉、魚など)をとり、ウォーキングを─。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

息切れ? 心不全? [ひとこと養生記]

息切れ? 心不全?

高齢者に多くみられる心不全は、心臓のポンプ機能がうまく働かなくなった状態です。

原因は、心筋梗塞高血圧、心臓の筋肉の働きが低下する心筋症、心臓弁の病気、不整脈など。

心臓から分泌されるホルモン=BNPの数値が100以上だと治療の必要な心不全の可能性があります。

「体を動かすと、息切れがする」

それ、もしかしたら心不全の症状かもしれません。

心不全は、初期に気づいて適切な治療をすれば、安定しやすいことがわかっています。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

スローカロリー [ひとこと養生記]

スローカロリー

「脂質を過剰に摂取し、糖質の消化吸収が速い“ファストカロリー”の食が、肥満生活習慣病を増やします」

「糖質の質と摂り方を改善、消化吸収の遅い“スローカロリー”に変えることで生活習慣病を減らせます」

と予防栄養医学者の家森幸男先生が糖尿病学会で講演しました。

大豆に加え、米、魚、野菜、海藻を摂る日本食は、塩分摂取をひかえ、カルシウム不足を補えば、世界有数の健康長寿食になります」。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。