So-net無料ブログ作成

腰痛治療が180度変わった! [健康常識ウソ・ホント]

健康常識ウソ・ホント(34) 

腰痛治療のコペルニクス的転回


腰痛の大半は背骨に関係しているもので、非常に強く痛む急性期と、鈍い痛みが長くつづく慢性期の二つに分けられる。

治療法の方針は、急性期にはなるべく背骨に負担をかけないこと。

「死んだつもりで寝ていなさい」というのが、ごく近年までえんえんと信じられてきた整形外科の「常識」だった。

ドイツ人が、魔女の一撃(ヘキセンシュス)と呼ぶ、ぎっくり腰などの急性腰痛は、一撃をくらったとたん、動けなくなる。

痛みが治まるまではひたすら安静を保つよう指導された。

ところが、安静期間が長くなるほど治りが遅くなり、再発を招きやすく、腰痛が慢性化することがわかって、いまは「動ける範囲内で動く」が世界の常識になっている。

日本整形外科学会と日本腰痛学会が5年がかりでまとめた『腰痛診療ガイドライン2012』にも、

「急性腰痛は、痛みがなくなるまで安静にするのではなく、できるだけ早く体を動かす」とある。

なぜ、安静がよくないのか? 

「大きな理由の一つとして<髄核>のずれが考えられます」と、東京大医学部附属病院22世紀医療センターの松平浩特任教授(運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座)。

背骨は30個以上の短い骨(椎骨)のつながりで、椎骨と椎骨の間には薄い円盤状の椎間板がはさまっている。

椎間板の中央には、ゼリー状の髄核があり、それを線維輪という硬い組織が囲んでいる。髄核の特徴は移動しやすいことなので、パソコン作業などで長時間前かがみの姿勢を続けると、髄核が椎間板の後ろ側に向かってずれてくる。

一方、長時間の立ち仕事などでは髄核は椎間板の前側に向かってずれる。

ぎっくり腰も、くしゃみや重い物を持ち上げるといった急な動作によって、髄核がずれて起こる。

髄核が大きくずれて線維輪が傷つくと、線維輪には神経の末端が接しているため、激痛が生じる。

髄核がよりいっそう大きくずれて、線維輪を突破して外に飛び出した状態が、椎間板ヘルニアだ。

ぎっくり腰や慢性腰痛の場合、椎間板ヘルニアほど髄核は大きくずれてない。適切に体を動かせば元の位置に戻すことができる。

痛いからといって安静を保ちすぎると、髄核のずれが元に戻りにくくなり、痛みが慢性化し、新たに線維輪が傷ついて強い痛みが再発する。

髄核のずれを戻すには、腰を反らすか、かがめるシンプルな体操が効果的。

髄核が後ろ側にずれた前かがみの作業などのあとは、足を軽く開き、上体をゆっくり反らす。息を吐きながら1~2回、繰り返す。

髄核が前側にずれた長時間の立ち仕事のあとなどは、イスに腰かけ、足を肩幅より広めに開き、ゆっくり背中を丸める。これも息を吐きながら1~2回繰り返す。

歯みがきになぞらえて「腰みがき」と名づけた、このシンプル体操を日常の習慣にすれば、腰痛の予防・改善効果が得られる。

腰痛の8割以上は原因不明、心配し過ぎるとかえって悪化しやすい。

しかし、がん、骨折、ヘルニアなど原因のある腰痛は、早く見つけて元の病気を治さなければいけない。

自分の腰痛はどちらかの見分け方、ぎっくり腰や慢性腰痛を自分で治す方法など、松平浩著『「腰痛持ち」をやめる本』(マキノ出版)は、最新の調査研究に基づく最良のガイドブックだ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

桜の句歌・今昔 [日記・雑感]

桜の句歌・今昔


あをによし奈良のみやこは咲く花の 薫ふがごとく今さかりなり   小野老


世の中に絶えて桜のなかりせば 春の心はのどけからまし   在原業平


惜しめども散りはてぬれば桜花 いまはこずゑを眺むばかりぞ   後白河院


散ればこそいとど桜はめでたけれ うき世になにか久しかるべき   よみ人しらず


よし野山さくらが枝に雪散りて 花おそげなる年にもあるかな   西行


もろこしの人に見せばや三吉野の 吉野の山の山ざくらばな   賀茂真渕


敷島の大和心を人問わば 朝日ににほふ山桜花   本居宣長


さまざまの事思ひだす桜かな   松尾芭蕉


つまるところ酒屋のための桜咲く   『武玉川』


さくら散る日さへゆふべと成りにけり   三浦樗良


さきいずるさくらさくらとさきつらなり  荻原井泉水


観桜や昭和生まれの老人と   三橋敏雄


おもひだすさくらとなれば母校かな   神埼忠


空をゆく一かたまりの花吹雪   高野素十


うすももの桜の花は散っていく わたしの手にも花びらひとつ   紀宮清子内親王(9歳)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

花粉症は「超清潔症候群」? [健康常識ウソ・ホント]

健康常識ウソ・ホント(33) 

花粉症は「超清潔症候群」?


ことしもまた涙と鼻水の季節がやってきた。

春風に乗って数十㌔もの空中を飛んでくる直径およそ30㍈(0.03㍉)の微粒子の花粉に泣かされる人が、国民の3割=4000万人にも達する。

いつからこんなことになったのか?

欧米ではヘイフィバー(枯草熱)という名で200年も昔から知られていた花粉症が、日本で最初に報告されたのは1960年、東大の荒木英斉医師によるブタクサ花粉症の症例だった。

次いで63年、東京医科歯科大の斎藤洋三医師がスギ花粉症を報告した。

だが当時の患者数はまだ微々たるものだった。

それが70年代末から80年代初めにかけて社会問題化するほど爆発的にふえた。

花粉症だけではない。アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、じんましん、アレルギー性鼻炎、気管支ぜんそく……、現代人はアレルギー軍団の大攻勢にさらされている。

どうしてこんなことになったのか?

食生活の欧米化、食品添加物の増加、大気汚染、林業の荒廃(スギ林の放置)による花粉の激増、家屋の気密性(ダニの増加)など、いくつもの原因説が指摘されている。

それぞれが一因であることはたしかだが、主因とするには充分ではない。

そこへ提起されたトレンドな説が、「衛生仮説」「寄生虫説」「蓄膿症説」である。

衛生仮説は、英国の疫学者、ストラカンが提唱した。

乳幼児期の生活環境が清潔でないほど(免疫系の発達を促し)アレルギーになりにくいという説だ。

それを裏づけるものとして、年上のきょうだいの多い子や、家畜を飼っている農家の子には、そうでない子に比べて、花粉症や湿疹が明らかに少なかった─などの大規模調査の結果が報告されている。

回虫などの寄生虫の感染率の減少が、花粉症の激増を招くことになった、と主張するのは藤田紘一郎・東京医科歯科大名誉教授らだ。

日本人の寄生虫感染率は、昔からずっと60~70%だったが、1950年ごろから急激に減少し、スギ花粉症が発見された63年は感染率が10%を切り、75年以降は0.1~0.02%とほとんどゼロ推移している。

花粉症などのアレルギー性疾患は、体内でスギ花粉のようなアレルゲン(抗原)に対する抗体=IgE(免疫グロブリンE)が産生されることが原因で起こる。

寄生虫に感染したときも同じようにIgEが産生される。が、そこに大きな違いがある。

アレルゲンに対する抗体=特異的IgEが、肥満細胞などの免疫系の細胞と結合すると、セロトニンやヒスタミンが放出されて、クシャミ、鼻水などのアレルギー症状が起こる。

寄生虫によって産生される抗体=非特異的IGEは、肥満細胞と結合してもヒスタミンを放出しない。活性のないIgEなのだ。

非特異的IgEが圧倒的に多く肥満細胞を埋めつくすと、仮に特異的IgEができても行き場がないから、アレルギーは起こらない。

三つめの蓄膿症説は、アレルギー性鼻炎の専門医、大橋淑宏・大阪市立大助教授(当時)に聞いた。

アレルギーを起こしやすい体質かどうかを決めるのは、免疫に関与する2種のヘルパーT細胞、Th1、Th2のバランスだ。

慢性副鼻腔炎(蓄膿症)のような細菌感染の機会が多いと、Th1がふえる。

衛生的な環境で育つと、アレルギーのもとになるTh2がふえる。

昔の子どもはみんな青っぱなを垂らしていたように蓄膿症がとても多かったが、いまはそんな子は見られず、アレルギー性鼻炎の子が激増した。

Th1とTh2のバランスが逆転したからだ。

以上、三つの説の共通点は、清潔過ぎる生活環境が免疫系に影響し、アレルギーが起こりやすくなったという、いわば「アレルギー=超清潔症候群」説だ。

しかし、だからといって、いまさら不潔な環境に戻せるわけでもないし、仮に戻したならばこんどは感染症がどっとふえて、乳幼児死亡率がぐんと上がるだろう。

痛しかゆし。文明とはやっかいなものだ。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

晴れたら外へ! [ひとこと養生記]

晴れたら外へ!


3月は天気によって気温が大きく変化します。

晴れた日は20度近く、雨になると日中でも10度以下になります。

天候に応じて衣類の着脱を小まめにしましょう。

午後の気温が上がった時間帯に体を動かしましょう。

ただし、いきなり激しい運動は禁物です。

軽い運動から徐々に体を慣らしていきましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

あきれた大一番 [日記・雑感]

本日、千秋楽、白鵬対日馬富士のあっけない一番。

息をつめて見つめる観衆を小バカにしたような白鵬の変化。ただただあきれるばかり。

解説者の北の富士さんは「横綱同士のこんな相撲、見たことない」と手きびしい苦言を呈し、場内のものすごい野次を、「とてもお伝えできません」とアナウンサー。

ところが、優勝インタビューのさい、白鵬自身がそのことにふれて、涙を浮かべるや、北の富士さん、「ぼくも言い過ぎた」。アナウンサーも「お客さんも温かい拍手…」と。

「女の涙は勝利なり。男子の涙は降伏なり」と言った人は、長谷川如是閑。 

では、横綱の涙は何と評するや?  泉下の大評論家に聞いてみたい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

暴走、厳禁! [ひとこと養生記]

 暴走、厳禁!

 陽気がよくなって、ジョギングをする人がふえてきました。

 運動療法としてのジョギングには、心臓病、糖尿病、高血圧、痛風、脂肪肝…などに対する治療効果がわかっています。

 ただし、必ず前もって、どれくらいの速さで、どれくらい走ったらよいかという「運動処方」を医師にきめてもらい、きちんと守ってください。

 オーバーワークの暴走は、絶対やめましょう。

 中高年の人へのお勧めは、走るな、歩け、歩け、です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

コレステロール「善玉」「悪玉」の真偽 [健康常識ウソ・ホント]

健康常識ウソ・ホント(32) 

コレステロール「善玉」「悪玉」の真偽

ごく最近まで、ある種のコレステロールは世界中で忌み嫌われた健康の大敵だった。

コレステロールにはいくつか種類があるが、そのなかの一つ「LDL」は、動脈硬化を促進し、心筋梗塞や脳梗塞の危険を高める「悪玉」と決めつけられ、別の一つ「HDL」は、反対に動脈硬化を防ぐ役目をする「善玉」と持ち上げられた。

これが長い間の世界の常識であり、血中コレステロール値の「悪玉は低く、善玉は高く」が健康管理の最も重要な心得の一つだった。

だが、このところ、悪玉が高くても、善玉が低くても、全然気にしなくてもよい、というようなことになってきた。それはなぜか?

その前に、LDLとは? HDLとは? についてちょっと─。
コレステロールは、脂肪の一種だからそのままでは“水と油”で血液には溶けない。

そのため血液中ではたんぱく質と結合した形になっていて、その結合の形を「リポたんぱく」という(リポ=脂肪)。

シュークリームにたとえると、クリームに当たるのがコレステロール、皮がたんぱく質、というわけだ。

代表的なリポたんぱくにはカイロミクロン、VLDL(超低比重リポたんぱく)、LDL(低比重リポたんぱく)、HDL(高比重リポたんぱく)の4種類がある。

カイロミクロンは比重が最も小さく、軽くて大きい。VLDLはそれに次いで比重が小さい。

この二つのリポたんぱくは、形が大きくて細胞の中に入ることができないので、肥満などには関係するが、血中コレステロールについては直接問題にはならない。

LDLは比重が小さく中型で、HDLは比重が大きくて小型である。

コレステロールの多くは肝臓でつくられるが、LDLは肝臓から組織へコレステロールを運び、一方、HDLは組織からコレステロールを引き出して肝臓に持ち帰る。

LDLが多ければ多いほど血管の壁にコレステロールがたまり、動脈硬化が進み、HDLはそれとは逆のはたらきをする(と、考えられていた)。

で、「悪玉」のLDLをふやさないため、バターや肉の脂身、卵の黄身などコレステロールの多いものを避けるのが、健康的食生活の絶対条件とされた。

厚生労働省が定めたコレステロールの摂取基準値は、18歳以上の男性は1日当たり750㍉㌘未満、女性は600㍉㌘未満。

心臓病が断トツに多いアメリカの食事指針はもっとずっとシビアで1日300㍉㌘未満だった。それがここへきて大きく様がわりした。

2015年5月、厚労省は5年ぶりに改定した「食事摂取基準」で、コレステロールの基準を撤廃した。

日本動脈硬化学会は、「食事で体内のコレステロール値は大きく変わらない。食事からコレステロールを多くとれば、体内で作る量を減らすなどの調整するしくみがある」と解説した。

米農務省も、「食事中のコレステロールの摂取と血中コレステロールの、明らかな関連を示すエビデンス(証拠)がない。これまで推奨してきたコレステロール摂取の制限をなくす」と発表した。

そもそもコレステロールは体の細胞を作る必要不可欠な成分である。

「コレステロールは高くてもよい。コレステロールが高いほうが長生きする」という説は20~30年前から医学界の一部では何回も出ている。それがようやく大勢を占めるようになったわけだ。

日本人の総死亡率とコレステロール値との関係をみると、コレステロール値の高いグループは総死亡率が低く、コレステロール値の低いグループのほうが総死亡率が高い。

これまではLDLそのものが動脈硬化を進めるといわれていたが、それもウソだった。

動脈硬化の直接的な原因は、酸化し変性したLDLが、血管内のマクロファージ(大食細胞)に取り込まれて死滅することであり、LDLが高いから酸化LDLがふえるのではなくて、喫煙や糖尿病がLDLを酸化させるということがわかった。

HDLは高いほどいいというのも、必ずしも正しくない。HDL値と総死亡率の関係をみると、男性でいちばん長生きしているのは40~44、ちょっと低めなくらい、女性では高くても低くても有意差はない。

以上、コレステロールの「悪玉」「善玉」説のウソ・ホントを駆け足で辿った。   

なお、詳しくは、別のブログ「健康1日1話」の「コレステロールに関する朗報」と「コレステロールに関する声明」を━。サイト内検索に  コレステロール と打ち込むと出てきます。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

「ふぐは食いたし命は惜しし」の来歴 [健康常識ウソ・ホント]

健康常識ウソ・ホント(31)  

「ふぐは食いたし命は惜しし」の来歴

あら何ともなや 昨日は過ぎて 河豚汁(ふくとじる)   松尾芭蕉

河豚汁(ふぐじる)の われ生きている 寝覚(ねざめ)かな   与謝蕪村

河豚汁は、ふぐの肉を実に入れたみそ汁。

江戸時代のふぐ料理はほとんどこれだったという。芭蕉も蕪村も、ふぐ刺し(テッサ)やふぐちり(テッチリ)、ふぐの空揚げの味は知らなかったわけだ。

調理法も限られ、調理の管理もきわめて不十分。

当たると命にかかわるから「鉄砲」と恐れられたご禁制の魚だったが、その美味はよく知られ、広くひそかに食されていた。

「五十にて鰒(ふぐ)の味知る一夜かな」の作者、小林一茶は、50歳になるまではおっかながって口にしなかったようだが、いったんその味を知るや、

「鰒(ふぐ)食はぬ奴には見せな不二の山」と豹変している。

明治の世になっても、命がけの一面は変わらなかったので、

夏目漱石は、「嘘(うそ)」を河豚汁にたとえて、

「その場限りで祟(たた)りがなければこれほど旨(うま)いものはない。しかし、中毒(あたっ)たが最後苦しい血も吐かねばならぬ」といっている。(小説『虞美人草』)

フグの毒は、肝臓と皮の裏の粘膜、そして、卵巣に最も多い。フグでさえやはりメスのほうが毒を余分にもってるわけだ(へへへ…)。

フグ毒の本体は、明治42(1909)年、東京衛生試験所の田原良純博士によって明らかにされた。

フグの学名テトロドンと毒のトキシンをくっつけて、その毒素を「テトロドトキシン」と名づけたのも同博士である。

テトロドトキシンは、無色・無味・無臭、その毒性は青酸カリの200倍とも500倍とも、あるいは850倍ともいわれる、すさまじい猛毒だ。

一種の神経毒で、もし当たると、早くて30分、遅くても5時間で手足がしびれ、口がきけなくなり、最後は息ができなくなって、死ぬ。

「ふぐ(河豚・鰒)は食いたし命は惜しし」

このことわざの意味を、『広辞苑』は、

「おいしい河豚料理は食いたいが、中毒の危険があるので食うことをためらう。転じて、やりたいことがあるのに、危険が伴うので決行をためらう。」と注釈している。

前記のように、別名の「テッポウ(鉄砲)」や「テッサ(鉄砲刺し」「テッチリ(鉄砲ちり鍋)は、当たると命がないという洒落である。

「うまいけどこわい!」、「こわいけど、うまい! 食いたい!」。

この切実なダブルバイント(二重規範)ゆえに、「河豚食う無分別、河豚食わぬ無分別」といわれる。

「あら何ともなや─」の芭蕉の句や「われ生きている─」の蕪村の句には、

理性は「食うな!」と命じ、心情は「食いてぇよ!」と訴える、アンビバレンス(反対感情両立)的苦悩に折り合いをつけて舌つづみを打った一夜が明けて、

「ああ、よかった!」と喜ぶ心があふれているようだ。

「鰒汁(ふぐじる)に又(また)本草(ほんぞう)のはなしかな」という宝井其角の句は、その美味を賞味しながらも、つい解毒法の話になってしまう情景を詠んだものだろう。

「本草」とはいうまでもなく薬物学のこと。

残念ながらテトロドトキシンの解毒剤はいまだにできてない。

だいぶ以前に東大農学部のグループが、テトロドトキシンの抗体を開発したと聞いたことがあるが、あれはどうなったのだろう。

いま、ネットで検索してみたが、まだ実用化はされてないようだ。

いまも年間20~30件のフグ中毒が発生し、死者も出ている。

もっとも、そのほとんどは素人料理か無免許の料理人の手によるもので、プロ(ふぐ調理師)が調理したものなら心配無用。

なお、フグの皮に多いコラーゲンには、血中コレステロールを下げる作用があるというが、フグ料理屋の勘定書はしばしば血圧を上昇させる。

「ふぐは食いたし、財布は軽し」「カネもないのにふぐ食う無分別」である。

ニートのすすめ [ひとこと養生記]

ニートのすすめ


「ニート=NEET」といえば、就業、就学、職業訓練のいずれもしてない若者。

中高年のみなさんにお勧めしたい「ニート=NEAT」は、ノン・エクササイズ・アクティビティ・サーモジェネシス(非運動性活動熱産生)の略。

運動とはいえない程度の活動によって発生する体熱のことで、日常生活のこまめな体の動きでもエネルギー消費が高まるということです。

例えば1時間座っているのと、立っているのとでは、消費エネルギーが180キロカロリー、ご飯一杯分も違います。

テレビを立って見るだけでも「運動」になるわけです。

こまごまと体を動かして、起きている間のエネルギー消費が多くなると、深夜の基礎代謝量も増加します。

 単語の「neat」は、こぎれいな、かっこいい─という意味。ニートしましょう。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

「一笑一若・一怒一老」の生理的真実 [健康常識ウソ・ホント]

健康常識ウソ・ホント(30)  

「一笑一若・一怒一老」の生理的真実


「一笑」と「一怒」の「一」はわかる。

「一若」と「一老」の「一」がよくわからない。1日か? 1月か? 1年か? 

いや、そんな決まった時間のことではなく、この「一」は、比喩のようなもので、1回笑えばそのぶんだけ若返り、1回怒ればそのぶんだけ老けこんでしまう―というのだろう。

そう。怒れば年をとり、笑えば若くなる。

つまり怒りは体に悪い、笑いは健康によい。

大脳生理学者も、「不快感、怒り、恐れはいわば戦時体制の心構え」と説いている。(時実利彦『人間であること』=岩波新書)。

怒ると、自律神経の一つの「戦時用」の交感神経系が緊張し、心臓の拍動が激しくなり、血管が収縮し、血圧が上がり、気管支が拡張し、瞳孔が開き、消化液の分泌が減少し、肝臓から糖分が血中に流れ出て燃やされる…というように体内で「さまざまな戦闘状況」が展開される。

結果、体力を消耗し、胃が痛くなったりもする。

もともと血圧が高かったり、心臓に病気をもっていたりすると、激しく怒ったとたん、重大な変調を招くことさえある。

東洋医学の古典『素問霊枢』にも、

「怒れば肝を害し、おびゆれば心を害し、憂うれば肺を害し、考えれば胃を害す」とあるそうだ。

心身症やストレス性の病気の原理を言い当てた至言だろう。

しかし、怒りを無理やり抑え込んでばかりいると、これも心と体によくない。

神経症、高血圧、糖尿病、胃潰瘍、狭心症、腎硬化症などの誘因になるという。

たまには焼酎でも飲んで、酔っぱらって、夜更けのガード下あたりで、

「〇〇のバッキャロー!」なんて適当に発散したほうがよさそうだ。

一方、笑いは血管を柔軟にし、血圧を下げ、心臓、肺、胃腸など内臓器官の働きをスムーズにし、ホルモンの分泌を盛んにする。

笑えば、血管が開き血圧が下がり、心臓、肺、胃腸など内臓器官がスムーズにはたらき、ホルモンの分泌が盛んになる。

よく知られている研究だが、漫才などで大笑いしたあとは、がん患者のNK(ナチュラルキラー)細胞の活性度が上昇した。

NK細胞は、免疫を担うリンパ球の一つ。感染症のウイルスやがん細胞をやっつける力をもっている。

関節リウマチの女性患者に落語を1時間聞いてもらったら、症状を増悪させる物質(インターロイキン6)が減少し、痛みが楽になったという研究報告もある。

「笑おう会」という会の「効能書」にはこうある。

「ときに呵々大笑すれば、横隔膜の上下運動を促し、腹中のコリをとき、消化・吸収・排泄をよくする。胸中のうっぷんを去り、胸筋をやわらげ、心筋梗塞の予防となる」

一つ、つけ加えると、横隔膜の上下運動は、呼吸と血行も促進する。

だからよく笑う人は血色がいい。

笑声は痙攣(けいれん)の一種だからそのあとに弛緩(しかん)がきて、緊張が緩和する。

大声で笑えば筋肉の緊張がゆるみ、人間関係の緊張も緩和される。

こんなにいろいろとよく効いて、副作用がまったくなくて、いくら使っても減らない薬なんてあるものじゃない。

しかも、それでタダなのである。

「笑」という字は「咲」と同じで、花が開くのを「花笑」ともいう、と漢和辞典にある。

新しい年、大いに笑って、花を咲かせようではありませんか。

追記。

「一怒一老・一笑一若」は、中国のことわざで、原音だと、一笑(イシャオ)一若(イルオ)一怒(イヌ)一老(イラオ)となるそうです。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。