So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

泣くか、跳ぶか。 [日記・雑感]

「会社をやめたい。やめることができたらどんなにサッパリするだろう」

 年少の友人が言った。苦悩が顔に滲み出ていた。

「しかし、いま、やめるわけにはいかない。こんな時勢だし、家庭の事情もある」

 なぜ、やめたいのか。

 要するに社内で不遇な立場に置かれているということらしい。

 春の異動で自分の望まぬ部署に回された。

 仕事が面白くない。

 上司ともうまくいってない。

「ストレスがたまるばかりだ」という。

 このような話は、病気についての訴えに似て、他者には当人の苦悩が的確に伝わりにくい。

 当人の置かれたさまざまに微妙で、複雑で、深刻な状況は所詮、当人にしかわからないものだからだ。

 それに、言葉は必ずしも事実の正確なトレース(引き写し)ではない。

 事実は部分的にトリミング(切り取り)され、ときにはリフォーム(作り変え)されている。

 話し手によって大なり小なりデフォルメ(変形)された事実を、聞き手の理解や想像がさらに変形してしまうこともある。

 だから、どう思うかと問われても困る。

 当人が無数の細かな考慮を重ねた上で到達した結論に、憶測まじりの傍観者の意見を加えることにどれほどの意味があるだろうか。

「つまり、君は、跳ぶことよりも泣くことを選んだわけだろう。それもまた勇気ある選択だと思う」

 とだけ私は答えた。

 共通の故郷(鹿児島)をもつ友人には、それで通じた。

 昔、たがいに村の悪ガキだったころ、土堤や石垣などの上で立ちすくむ子がいると、仲間たちは声を揃えて囃したてたものだった。

「泣こかい、跳ぼかい、泣こよっか、ひっ跳べ!(泣こうか、跳ぼうか。泣くくらいなら思い切って跳んでしまえ!)」

 泣くなかれ。跳ぶべし。

 これが薩摩の男の子の〃法律〃だった。 

 そして、それが薩摩の男たちの精神形成の核になった―というのが言い過ぎなら、情念の美学のようなものを育てた。

 実際、私自身、長じて何かの決断を迫られたとき、この囃し文句が頭の中で鳴りひびく気がしたことが、何度かあった。

 すなわち何度か軽率に跳んだ。

 そう、それはほとんど常に軽率な跳躍だった。

 軽挙妄動の類いだった。

 考えてみると、跳ぶことよりも泣くことのほうが、本当はずっと難しい。

 何もかも放棄して跳んでしまいたくなったとき、粘り強く耐えて事態を打開し、解決する努力をするのは、決してめめしく泣くのと同じではない。

 大の男がじっと耐えてこらえて泣いているように見えるのは、はた目にはあまりカッコいいものではないかもしれない。

 しかし、それこそ真に男らしい勇気に支えられた行為、性根のすわった生き方ではないだろうか。

 跳ぶのはいつでも跳べる。跳ぶ前に、とりあえず、泣いてみてはどうか。

 むろん、それは是非とも「顔で笑って、心で泣いて」でなければならないだろうが、そうすれば新しい明るい展望が開けることがあるのではないだろうか。

 もっとも、言わずもがなのつけたしだが、いついかなる場合も必死に木の枝にしがみついて離さない、高所恐怖症のサルみたいであるのは、いただけない。

 決然と跳ばねばならぬときもあるだろう。

 その決断のとき、出処進退を誤らぬのが、人のなかで生きていく心得ではあるだろう。

 おとなの長泣きは、みっともない。

 第一、はた迷惑だ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

フグの話 [健康雑談]

 フグの季節だ。

 中国ではフグは河でとれ、豚肉のようにうまいので「河豚」と名づけられたらしい。

 フグのうまさはだれでも知っている。

 同じように―あるいはそれ以上に素人調理のフグの怖さはよく知られている。

 フグの別名「テッポウ」は、ご存じのとおり当たると命がないというシャレだが、長崎県島原地方ではフグを「ガンバ」と呼ぶそうだ。

 ガンバとは棺桶のこと。鉄砲よりオッカナイじゃないか。

 夏目嗽石の『吾輩は猫である』のなかに、天道公平なる人物が苦沙弥先生に呈した手紙にこんな一節がある。

「始めて海鼠(なまこ)を食い出せる人は其膽力に於て敬すべく、始めて河豚を喫せる漢(おとこ)は其勇気に於て重んずべし。
 
 海鼠を食へるものは親鸞の再来にして、河豚を喫せるものは日蓮の分身なり」

 苦沙弥先生は、

「中中意味深長だ。何でも余程哲理を研究した人に違ない。天晴な見識だ」

 と感服しているが、この天道説はおかしい。

 感服した苦沙弥先生もお粗末ではないか。

 ナマコの姿形の気色のよくないのは目で見ればわかる。

 だがフグに毒があることは、先にそれを食って当たった人がいたからわかったわけである。

 毒があることを知らない「漢」がフグを食ったからといって、どうして「其勇気」が重んじられるのか。

 この論理には欠陥があると思う。

 フグ毒の本体は明治42年、東京衛生試験所の田原良純博士によって明らかにされた。

 フグの学名テトロドンと毒のトキシンをくっつけて「テトロドトキシン」と名づけたのも同博士である。

 テトロドトキシンは無色・無味・無臭。純粋のものだと青酸カリの200倍という猛毒だ。

 一種の神経毒で、当たると、早くて30分、遅くとも5時間で手足がしびれ、口がきけなくなり、最後には呼吸困難に陥り、死ぬ。

 毒は、肝臓と皮の裏の粘膜、そして卵巣に最も多く含まれる。

「つまり、フグでさえメスのほうが余分に毒を持ってるわけだな」と発言したところ、

「ところが、精巣と卵巣と両方あるフグもいて、白子だと思って食べたら卵巣が混じっていて当たった人がいる」と、物知りの友人に教えられた。

 なかには身からなにから体中に毒のあるフグもある。厚生労働省は、トラフグ、マフグなど販売できるフグ21種類と、その部位を決めた通知を出している。

 フグの毒は、フグ自身が体の中で作るという「内因説」と、原因はエサにあるという「外因説」が競い合っていた。

 しかし、養殖フグには毒性がほとんどないことから外因説に軍配が上がった。

 フグが好んで食べるヒトデにフグ毒があること、ヒトデがエサにする巻き貝の一種(ボウシュウボラ)の消化管からも同じフグ毒が検出されたことで、いわゆる「食物連鎖」が明らかにされた。

 フグの毒は、フグにとって一種の生体防御物質の役目を果たしている。

 外敵に出遭うと、フグは胃腸の一部に水や空気を入れ腹を膨らませて威嚇し、このとき、皮膚から毒を放出する。

 養殖のフグには毒がないが、味は天然ものに遠く及ばないそうである。

 このことについて、

「きれいなバラにはトゲがある。うまいフグには毒がある」

 と友人は言うが、天然もののフグは、その毒よりも勘定書のほうが怖い。

 いま、フグを食うのには別種の勇気を必要とするようだ。

 新ことわざ=フグは食いたし。おカネは惜しし

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ホットな人生 [ひとこと養生記]

 冷えは健康障害の元凶。

 冷えている人は、まず冷たい食事はとらない。

 食物には火を通す。いつもホットな生活をすること─

 と、川嶋朗・東京有明医療大学教授。

 川嶋教授が中国に行ったときの話だが、

 長春のホテルのバイキング式朝食の食堂には飲み物がいっぱい置いてあった。

 それがどれもみなあったかい。

 ジュースも牛乳も豆乳も。

 ピッチャーに水が入っているなと思ったらお湯だった。

 まだ秋口の暑い季節なのに冷たいものは一つもない。

 どこの大学、どこの会社を訪ねても、出てくるのはお湯かお茶だった。

「お国はすごい。たばこをやめて、トイレを改善したら、平均寿命でも日本は負けます」

 と感服した。

「元気に長生きしたかったら、まずは冷たいものを極力、避けるべきです。

 こう言うと、冷たくても口の中で温めてから腹に入れれば同じではないかと言う人がいますが、

 それは違います。

 口に物が入ると、脳は瞬間的に感知し、胃腸が反応し、たちまち収縮して血流を減らすのです。

 当然です。

 体はつながっているのですから」

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

冷えを解消する方法 [ひとこと養生記]

 カプシエイト

 冷えを解消する効果的な方法の一つは、体を内から温める「温」の食材を取ること。

 寒い土地で取れたものや冬野菜がよい。

 カボチャ、ショウガ、ニラ、ニンニク、リンゴ、アンズ、クリ、クルミ、サケ、ブリ、アジ、エビ、サバ、フグなどだ。

 最近の注目は、辛くない新種の唐辛子から抽出されたカプシエイト。

 唐辛子の辛味成分カプサイシンの脂肪燃焼や体温上昇効果は、以前からよく知られているが、カプシエイトは、カプサイシンと同じような効果を持ちながら、その辛さは千分の一だ。

 辛いカプサイシンは急激に体温を上げ、汗を出して体温を下げてしまうが、辛い刺激がほとんどないカプシエイトは、つくった熱を体内にとどめ、深部体温を上昇させ、低下を抑える。

 結果、手足への温かい血流が増え、末端の温度が上がり、冷えの根本的な改善につながる。

 海野知紀・東京家政学院大学准教授(食品機能学)のゼミでは、女子大生の母親世代にカプシエイトを試し、今までの冷え対策に不満のある人、就寝時の冷えがつらい人に非常に効果的だった。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

冷えと睡眠 [ひとこと養生記]

 冬の夜は寝床に入っても手足が冷えていると寝つきにくい。

 冷えが睡眠のリズムを乱すからだ。体温は睡眠にも強い影響を与える。

 高橋迪雄・東京大学名誉教授(生理学。味の素顧問)の解説をご紹介します。

 体の深部体温は、全身の体温調節をつかさどる脳の視床下部のはたらきで、日中は高く、夜間(睡眠時)は低くなる。

 体幹部の温かい血液が手足に流れて放熱されることで、深部体温は下がる。

 その熱の移動がスムーズに行われると、手足が温かくなり、質のよい睡眠が得られる。

 しかし、代謝が不活発で、体温を保持するのに十分な熱が作り出せないと、体から熱が逃げないように、手足へいく血液の流れが抑えられる。

 寝入りばなの深部体温の低下が起きにくく、手足が冷えて寝つきが悪くなる。

 体温のリズムと入眠のタイミングを自然に合わせるには、夕方の軽い運動や夜の入浴で体温を上げるのが効果的だ。

 上がった体温が下がっていくとき、眠りがやって来る。

 運動は散歩。

 入浴はぬるめのお湯の半身浴がよい。

 湯たんぽ、靴下ばき睡眠もお勧め─。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

受験生諸君!  [ひとこと養生記]

  さあ、いよいよ始まるよ。

 長いあいだ寝不足とたたかいながら頑張った勉強の成果が問われるときがやってきた。

 しかも、この寒中の何日間かに集約されて─。

 いまは体調を崩さないのが第一だ。

 風邪ひくなよ! 

 試験当日は必ず朝ご飯を食べよう。

 朝ご飯を食べて、昼までのおなかをもたせることが大切。

 空腹ではやる気が出ないし、考える力も低下する。

 以下、女子栄養大学栄養クリニックのアドバイス─。

 受験当日の朝食でお勧めしたいのは「みそおじや」です。

 みそ、卵、サトイモ、ネギなどを入れたおじやに、ゴマ、カツオ節、コンブ、シラスなどを振りかければ完成。

 ゴマのビタミンEは血液の循環をよくし、バッチリ目覚めさせてくれる。

 カツオ節にはリラックス効果が期待でき、みそのアミノ酸が頭を元気にして集中力を高める。

 卵の良質のたんぱく質の栄養価は言うまでもない。

 おじやは、体を温め、消化・吸収に優れ、腹にもたれず、しかも腹持ちがよい。

 昼まで空腹にならない。

 みそおじやで出陣!

 がんばれ!

タグ:みそおじや
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

冷え調査&対策 [ひとこと養生記]

 冷え緊急調査

 あなたが冷えを感じるときは?─と、20~40代女性61人に味の素が聞いた。

 その回答─。

 冬に冷えを感じるのは? 

 寝る時41%(寝つけなくなるくらい冷える。足が冷え切っていて寝つけない)、

 外にいる時21%、

 起きる時20%。

 体のどの部分に冷えを感じますか? 

 手足の先87%(特に冷えるのは足首、足先。手足の末端が冷えてつらい)、

 下半身54%、

 腹部16%。

 どんな冷え対策をしていますか?

 飲み物89%、

 着る物(靴下、肌着など)87%、

 お風呂71%、食材68%、

 グッズ(湯たんぽ、カイロなど)61%、

 運動25%。

 いろんな対策を組み合わせている人が多数派。

 手軽に体を温められる方法が人気。

 冷え対策には、

 ①内外から体を温める

 ②筋肉量を増やして熱生産を高める

 ③ストレスを減らす④胃腸を丈夫にするなどさまざまあるが、

 実際に取り入れている人が多いのは①で、
 
 冷えやすい部分を中心にさまざまな方法を組み合わせて温めているようだ。

 なのに、「手足はずっと冷えたままでつらい」「効果が分からない」という人が少なくない。 

 冷え対策

 多くの人がやっている冷え対策は、温め方や温める場所が間違っている。

 東洋医学の専門医が教える正しい温め方。

 ①多くの人が冷えを感じる部位は圧倒的に手先・足先だが、手袋や靴下で末端だけを温めても、根本からの解決にはならない。

 ②体は、寒さを感知すると、内臓や脳などの生命を守る働きが損なわれることを防ぐため、手足などの末端部の血流をセーブし、体の中心部の体温を保持しようとする。

 いくら手足を温めても、内臓が冷えたままでは、手足には温かい血液は運ばれてこない。

 ③体幹部・二の腕・太もも前面を温めて、手足の先まで血液を流す! 

 内臓など中心部の温度が上がり、手足の付け根の大きな筋肉が温かくなると、末端の手足への温かい血液の流れが回復する。

 さらに腹を温めることで、消化器の働きも活発になり、熱を生み出すエネルギー源となる栄養を吸収できる。

 ただし、汗をかくほど温めるのは逆効果。

 汗が蒸発するときの気化熱で体温が奪われ、かえって冷えを招いてしまう。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

リンパ浮腫 [ひとこと養生記]

 乳がん、子宮がん、卵巣がんなどの手術を受けた人は、後遺症の「リンパ浮腫」に悩まされることがとても多い。

 がん病巣の近くのリンパ節を切除したことに伴って発症するもので、滞ったリンパ液が貯留するため、単なるむくみ(浮腫)とは異なる異常に大きな腫れが生じる。

 リンパ浮腫が進む前に、正しい知識と予防やケアの方法を、患者自身が習得しておくことがとても大切だ。

 大鵬薬品は、静岡県立静岡がんセンターとの共同研究ウェブサイト「がんと向きあって」に「がん手術後のリンパ浮腫」を公開した。

 同センター発行のDVDを基に、リンパ浮腫とはどのようなものか、なぜ起こるかという理論的説明から具体的なケア方法まで、上肢(腕)・下肢(脚)別に映像と音声を用いて紹介し、患者が自分ですぐできるように作られてある。

 同センターリハビリテーション科・田沼明部長のコメント。

「リンパ浮腫は、子宮がん、卵巣がんや乳がんなどの手術の後にしばしばみられますが、そのケアについての知識は十分広まっているとはいえません。

リンパ浮腫を改善させたり悪化を防いだりするためには正しくセルフケアをおこなうことが必要です。

病院や治療院などでの治療も有用ですが、日々の自宅でのケアが大変重要なのです。

正しいケアの方法は専門家に指導を受ける必要がありますが、その復習をする際にこのサイトを活用していただきたいと思います。
 
 当サイトでは、リンパ浮腫とはどのようなものか、またそのケア方法について文章とイラスト、映像や音声でわかりやすく解説しています。

手術を受けられた場所により、リンパ浮腫が発生する部位が異なります。

当サイトでは<上肢(腕)編>と<下肢(あし)編>と分けていますので、お悩みに応じてご覧下さい。
このコンテンツが皆さまの悩みを少しでも和らげることが出来ましたら幸いです。」

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

インフル治療 [ひとこと養生記]

 インフル治療

 インフルエンザの治療は、ウイルスに直接作用する抗ウイルス薬が開発されるまでは、熱や頭痛などを解熱鎮痛剤で抑える対症療法しかなかった。

 いまは抗ウイルス薬が第一選択とされている。

 症状により解熱薬や抗生物質などが処方されることもある。

 抗生物質は、インフルエンザに合併する肺炎や気管支炎などの細菌感染に対する治療として用いられる。

 インフルエンザは、ある種の解熱剤と相性が悪く、脳炎・脳症、ライ症候群(脳症に似ているが、肝臓や腎臓などの障害を伴う)を誘発してしまうことがある。

 子どもの風邪・インフルエンザの解熱剤としては、アセトアミノフェンを成分とするもの以外は、原則的に使用しないことになっている。

 特に危険とされるのはアスピリン。

 子どもにアスピリンを飲ませてはいけない。

 ボルタレン(銀色の紙に包まれた坐薬)やポンタール(白く濁ったシロップ)も危ないといわれている。

 子どもに解熱剤を用いる際は医師や薬剤師に必ず確認し、大人や上の子の薬を使うのも避けるべきだ。

 抗インフル薬

 インフルエンザは、数日間で重症化しやすいから、早く適切な治療をしなければいけない。

 ウイルスに確実に到達し、増殖を抑える抗インフルウイルス薬が第一選択となる。

 よく知られているのはオセルタミビル(タミフル)とザナミビル(リレンザ)だが、2011年、10年ぶりにぺラミビル(ラピアクタ)という新薬が加わった。

 タミフルはカプセル剤を1日2回、5日間服用、リレンザは専用の吸入器を用い、やはり1日2回、5日間吸入する。

 ラピアクタは長時間作用型の注射薬だ。

 インフルエンザと診断されたその場で、医師による点滴(15分以上)が行われる。

 治療が1回で完結するわけだ。

 注射だから有効成分が直接血液中に入り患部に早く到達する。

 インフル治療は、医師の指示どおり薬をきちんと用いる「服薬順守」がとても大切だ。

 薬を飲み忘れたり、飲み残したりすると症状が悪化しやすいし、また、体内にウイルスが残っていると、周りの人にうつしてしまうことにもなる。

 そうした心配が要らないのが、ラピアクタの大きな利点だ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康

脳炎と脳症 [ひとこと養生記]

 インフルエンザのウイルスが直接、脳の中に入り込んで炎症を起こすのが、インフルエンザ脳炎だ。

 一方、脳症の場合、ウイルスは脳内には入っていない。

 ウイルスを攻撃する免疫細胞からサイトカイン(生理活性物質)が過剰に分泌され、血液中の物質が血管の外に漏れ出して、脳がむくみ、脳内の圧力が高まり、脳の働きが低下する。

 それがインフルエンザ脳症だ。

 脳炎も脳症も、急な発熱に続いて、けいれん発作、幻覚や幻聴、うわごと、呼んでも反応がないなどの意識障害が現れる。

 けいれん発作(ひきつけ)を伴うことも多い。早く適切な治療を受けないと命にかかわり、回復してもまひなどの後遺症が残る。

 日本小児科学会は、インフルエンザウイルスの感染が確認され、意識障害が半日~1日続いた場合を「インフルエンザ脳症」と定義している。

 呼びかけに答えず、けいれんが続き、意味不明の言動などの症状がみられた場合、迷わずただちに受診するよう呼びかけている。

 なぜか日本人の小児は脳症にかかりやすいという。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:健康
前の10件 | -